啓蒙活動

吉田英子様が、ホームページを開かれましたのでご紹介します

「刺股」を一人の子を持つ親として、普及啓蒙に努められています

三年前に池田市の大阪教育大付属池田小学校で起きた、天使達を巻き込んだ悲惨な事件を二度と起こさせてはならないと、刃物などを持つ不審者の撃退に効果があるとして注目を集めている防犯用の「刺股(さすまた)」の普及に務められている、大阪の主婦 吉田様をご紹介します。

「小学校や幼稚園、保育所での導入を」と積極的に働き掛け、地域を挙げた防犯意識の向上を目指されています。


学校や子どもたちが狙われる事件が起きるたび、『どうして防げなかったの』という気持ちでいっぱいになり、二歳になる息子さんが昨年から近くの保育所に通われるようになってから、学校の危機管理の在り方が一気に身近になられました。

幼稚園・保育所の園児への不安
先生方のほとんどが女性という幼稚園や保育所の現状、また、簡単に入れる低い門、暴漢侵入事件に対する危機感を感じられた吉田様は「小学生よりも更に弱い園児が、より危険な状態にさらされている」と強い不安を感じられたそうです。

自分自身から、出来ることをやって行こう
吉田様は自ら、お子様の通われる保育所の為に自費で七本の刺股を購入され準備されています。
その上で、更に突き詰められて、刺股の利点などを伝える資料を作製されています。
また、我が子の通われる保育所だけでなく、区内にある四十一の小学校と幼稚園、保育所に説明に回り、刺股の設置と防犯意識の向上を訴えることを計画されています

父兄の方々が力を合わせることで、簡単に揃えることが出来る
「刺股を無料ででも配って回りたい気持ちですが、一人では限界があります。父兄の方々が力を合わせることで、わずかな負担で揃ってしまうものなので、学校や地域の皆様の理解によって、最低限、刺股は設置して頂きたい」と、切なる思いで活動されています。

来住小学校に見学に来られた時の写真
来住小学校に見学に来られた時の写真 来住小学校に見学に来られた時の写真
来住小学校に見学に来られた時の写真 来住小学校に見学に来られた時の写真

わが町にしなり子育てネットページへ
過日、区内子育て支援施設にて、吉田様が講師として、テーマ「防犯意識の向上を願って」という題で説明をされました。
その内容をご紹介します。


吉田様のメールアドレス

Counter