学校において、子供達や先生方の安全を守る取り組みをご紹介します

さすまた
学びの学舎である学校に防犯の為にと、刺股(さすまた)や催涙スプレー(さいりゅーすぷれー)などを設置しなければならないというのは本当に悲しいことです。しかしながら、現実には、年間4万件以上の侵入事件が有ります。いつ事件が起きても不思議でない中で、先生方と子供達が、警察が到着するまでのわずかな時間を生きのびて欲しいという思いで、事例として、来住小学校の先生方のご協力によりまして、啓蒙の為に公開させて頂いております。いつでもすぐに手に取れる場所に置くということでなくては、実際は役立ちません。また、目的は、決して、暴漢の逮捕ではありません。子供達や先生方に暴漢を近づけない為であり、逮捕のプロである警察官が到着するまで、子供達を逃がし、先生自らの身の安全を守りながら持ちこたえて頂く為の安全対策の事例としてご紹介しています。

学校への不審者侵入件数
学校への侵入事件件数 警察庁発表

今、学校が危ない
池田小学校事件以来、全国で学校における犯罪件数が、平成14年度で4万4千件で、殺人・強盗などの件数が96件と年々、増加傾向をたどっています。毎日のニュースを見ていましても、小さな子供達に対する凶悪な犯罪や、一般家庭においても、組織犯罪も含めた強盗殺人が増加している今日、学校にも自分達の安全は自分で守らねばならないという機運が高まってきました。

素手で暴漢には立ち向かえません
刃物を持った暴漢に対して、素手で戦うということは、大変、危険であり、また、防ぎきれるものではありません。暴漢に近づくことなく、警察官が到着するまでの間の、時間をかせぐという面から大変有効なことから、全国の学校でも、最近は刺股や催涙スプレーを装備するところが増えてきました。

警察が着くまでの15分を生きのびる
警察官が到着するまで、最低でも15分、20分は掛かります。この命にとって一番大事な時間から子供達や先生方の身を守らねばなりません。

二度と悲惨な事件を起こさせない
これから、ご説明する刺股と催涙スプレーの仕組みは、わずか侵入より十数分の間に事件が起きてしまう恐ろしさを目の当たりにし、悲しくも一刻の時間の猶予も無い現実を踏まえて、子供達を二度と悲惨な事件に巻き込ませないという子供を持つ親達と先生方が形にするべく、立ち上がって、一緒に作り上げたものです。

子供達の命と先生の命を守る

これはまた、子供達を守ると同時に、自分をかえりみず勇気を持って立ち向かって下さる先生方の貴い命をも守って頂きたいというものです。そういう先生方への感謝の念と先生方自身の身の安全への願いをも形にしたものです。

暴漢は素手では襲ってこない
いざといったときには、警察を呼ぶのが精一杯で、その間も暴漢は刃物を振り回して暴れているという状態を想定した場合、誰がそれを止めて、子供達を守ってやれるのでしょうか。また、立ち向かって下さる先生方の身をどのようにして守ればいいのでしょうか。しかも、大事なことは、こういう暴漢は素手では襲って来ないということです。暴漢は、必ず、刃物など、何らかの凶器を持っていることを覚悟して立ち向かわねばなりません。

倉庫や職員室に置いておいては間に合わない
刺股などは、職員室や倉庫に保管されているのが通常ですが、いざとなった時、ほかの先生方を呼ぶことすら出来ないような緊迫したあわただしい状況の中で、誰が、どのようにして、この道具を現場に持ち寄れるのでしょうか。

廊下や教室に設置せねば間に合わない
そう考えた時、催涙スプレーや刺股は、いつでも手に取れる学校の廊下の各所に配置されていなければ、間に合わないのではないか。これらの疑問と池田小学校のいたましい事件を省みて、いつでも手に取れる手近な場所に設置しない限り、本当の意味で役立たないのではないかという強い危機感から、このように刺股や催涙スプレーを子供達のいる教室や廊下に設置するという形が生まれました。

来住小学校の刺股(さすまた)と催涙(さいりゅう)スプレーの設置 職員室前 来住小学校の刺股(さすまた)と催涙(さいりゅう)スプレーの設置 家庭科室前 来住小学校の刺股(さすまた)と催涙(さいりゅう)スプレーの設置 体育館連絡通路
来住小学校の刺股(さすまた)と催涙(さいりゅう)スプレーの設置 多目的室 来住小学校の刺股(さすまた)と催涙(さいりゅう)スプレーの設置 2階 教室前廊下 来住小学校の刺股(さすまた)と催涙(さいりゅう)スプレーの設置 1階階段下
来住小学校の刺股(さすまた)と催涙(さいりゅう)スプレーの設置 1階 エレベータフロア 来住小学校の刺股(さすまた)と催涙(さいりゅう)スプレーの設置 職員室 来住小学校の刺股(さすまた)と催涙(さいりゅう)スプレーの設置 2階 階段上廊下

緊急時に各所から、持ち寄る
来住小学校の刺股(さすまた)と催涙(さいりゅう)スプレーの設置 取り外し方 緊急事態を察知した先生方が、瞬間にその場に有る刺股と催涙スプレーを持って、現場に駆けつけて頂きます。

暴漢を威嚇している間に子供達を避難させる
暴漢に対して、出来るだけ多くの先生方で、立ち向かい、その間に子供達を避難させて頂くというものです。

ものものしい逮捕道具は子供達の生活場所では不似合いすぎます
ところが、いくら子供達のそばに身を守る道具を備えると言いましても、いかにもものものしい逮捕道具では、子供達が伸び伸びと明るく育つべき場所にはあまりに不似合い過ぎます。

廊下や教室のインテリアの一部にしてしまう
そこでみんなの智恵を絞り、考え出されたのが、この刺股と催涙スプレーの姿です。廊下のインテリアの一部として、整然と並んでいても何ら邪魔にならない。しかも、子供達にも違和感がなく、学校としての楽しいディスプレイインテリアとして、その場を引き立てているかのように配置されていなくてはなりません。

20本の刺股と20本の催涙スプレーにより、暴漢に立ち向かう
1本、2本では、探している間に拡大してしまいます。いつでも、どこにでも在る状態でなくては、緊急時のあわただしい中で、道具を探し回る余裕すら無いのが現実です。出来るだけ数を配置し、通報を聞きつけた先生方がね身のまわりに在る道具を持って駆けつけるというものでなくては間に合いません。その為に、来住小学校では、いざとなれば、各所から取り外されて20本もの催涙スプレーと刺股がたちどころに現場に持ち寄られて、暴漢に向けられるようになっています。

できるだけ多くの先生方で立ち向かっていただく
現実の事件が起きた時は、真っ先に先生方が、子供達を守る為に暴漢に立ち向かって下さるのですから、その時に先生自身の身も安全に守って頂けるようなものでなくてはなりません。
それには、出来るだけ多くの先生方が持ち寄って頂くことにより、みんなで暴漢に対して威圧を与えると共に、武器による防御壁を作るというものです。
また、ただ、設置するだけでなく、防犯訓練を行い、対処する為の訓練を定期的に行わねばなりません。
たった一人で立ち向かうということは、大変、負担が大きすぎます。出来るだけ多くの先生方により、包囲し、対応することで、警察官が到着するまでの命にとって一番大事な時間を生きのびて頂きたいというものです。



この防犯訓練をビデオ映像で公開出来るようになりました
来住小学校の刺股による防犯訓練ビデオCD
訓練の様子をビデオでご覧になれます
ビデオの詳しい紹介ページへ
来住小学校では、NHKの取材時に、兵庫県警察本部より専門の指導員が来られて、本格的な刺股による訓練が行われました。(兵庫県警察本部の秀島正憲講師による、大変、意義深い訓練でした)その時のビデオを学校のご好意によりまして、公開のお許しを頂いております。たった一度、訓練指導を受けたからといって、なかなか、身に付くものではありません。たえず、先生方が復習されることで、備わっていくものです。いつも、警察本部から指導に来て頂くということも、現実に負担が大きいために、なかなか、繰り返し行うことが出来ません。その為に、他の学校に於いても、同じ状態であろうということで、ビデオを見ながら、復習できるようにと、公開をして下さいました。
なかなか、県警本部の専門の指導員の方の指導は得られません。貴重な訓練ビデオです。来住小学校の尾上 豊校長先生、山本 義博教頭先生、諸先生方の子供達を守ることへの熱い思いにより、実現致しました。
兵庫県社警察署では、管内で行われた防犯訓練後に復習訓練用に学校に配布して下さっています。一回の訓練だけでは、なかなか身に付けて頂くことは出来ないのですが、かといって、訓練を何度も開催することも不可能なところから、訓練後、学校の先生方が復習教材としてお使い頂くようにとお渡し下さっています。
ご要望の学校が御座いましたらご連絡下さい。

兵庫県小野市立来住小学校における防犯訓練の様子
来住小学校での兵庫県警による刺股の防犯訓練の様子 前と後ろから攻める 来住小学校での兵庫県警による刺股の防犯訓練の様子 見えないところから突き上げる
来住小学校での兵庫県警による刺股の防犯訓練の様子 来住小学校での兵庫県警による刺股の防犯訓練の様子 取り押さえ

刺股および催涙スプレーの設置のモデルケースとしてビデオ映像でご紹介
では具体的に暴漢撃退用として、本質的に求められる刺股・催涙スプレーのイメージを順次、映像を追ってご紹介します。
それでは、今から、この刺股や催涙スプレーの詳しいご紹介と使用方法についてご説明させていただきます。
刺股(さすまた)と催涙スプレーの仕組みを説明ビデオ映像CD さすまたのコンセプト紹介ビデオ
実際に約12分間のビデオ映像を見ることが出来ます。


子供達を守る為に活躍して下さっている長崎の田中健一様をご紹介します
長崎県の全日警長崎支社の田中健一様が、子供達を守る為の「防犯訓練」を
行って下さっています。田中様の詳しいHPページをご紹介します。
このページは、長崎県にお住まいで、地元長崎県の保育園を中心に、「防犯訓練教室」
をボランティアでご指導され、また、少年非行防止の為に、夜回りパトロール等もなさ
っています。「プロ・アクティブ・セキュリティー」というグループも立ち上げて子供達を守る為の訓練サポートのボランティアを立ち上げておられます。

田中さんのブログ「防犯・つれづれ日誌」が立ち上がりました。
田中健一様のHPページです!

以上の思いから、このように子供達が生活をする場所であり、また、校舎の目の着くところに設置されることをお勧めしています。

恐ろしい事件の現実を学校防犯の基本と考え、この刺股や催涙スプレーは、いざとなったら、すぐに手に持って、暴漢に立ち向かえるように常に、子供達のそばに配置されなくてはなりません。それには、このように子供達の楽しい学舎にふさわしい姿、形にする必要がありました。

来住小学校のポップデザイン 
刺股(さすまた)のポップの取り外し方法 刺股(さすまた)にポップを取り付けた状態 黄色の刺股
刺股(さすまた)にポップを取り付けた状態 赤色の刺股 刺股(さすまた)にポップを取り付けた状態 青色の刺股

更に、防犯機能という一面だけではなく、この刺股には、このようにデザインポップ用の仕組みを設けてあります。長期間の常時設置になりますので、掲示塔として、または、壁面活用として、飽きの来ない変化の有る展示が出来るように、季節に合わせて、子供達の楽しいイラストや学校のイメージをデザインしたポップをPTAや先生方の手によって、制作されることをお勧めしています。

さだ東小学校のPTAの方々によるポップデザイン
刺股(さすまた)に取り付けるポップ デザイン さだ東小学校PTA様 刺股(さすまた)に取り付けるポップ デザイン さだ東小学校PTA様
刺股(さすまた)に取り付けるポップ デザイン さだ東小学校PTA様 刺股(さすまた)に取り付けるポップ デザイン さだ東小学校PTA様
このように、PTAまたは先生方、子供達によって、季節に合わせたイラスト等を書かれ、ポップに貼り付けますと、刺股そのものが学校に合ったインテリアに変身します。

ポップ印刷について
リング様実川製作様では、この刺股を設置される学校の為に、このようにデータ入稿により、カラーレーザープリンタにより、印刷のサービスをして下さっています。なお、自分達で合板を切り抜いて頂いても結構なのですが、どうしても大変と言われる方々の為に、ポップ用の板も提供して頂いています。

刺股の二段ロック機構により、子供達への安全をはかっています
刺股(さすまた)の最上段 壁取付金具 刺股(さすまた)の中段 壁取付金具 刺股(さすまた)の最下段 壁取付金具
刺股(さすまた)の金具からの取り外す様子 刺股(さすまた)の金具からの取り外す様子 刺股(さすまた)の身長比較
取り外し方は、真っ直ぐに10センチほど持ち上げて、次に手前に引くと、壁の金具から取り外すことが出来るようになっています。このように子供達への配慮として、簡単に外れて、転倒するという危険を防止する為に、取り外しに二段階の動作が必要な仕組みにし、安全性を高めています。

女性の先生でも使える軽さでなくてはなりません
1.3キログラムで女性の方でも楽に扱えます すべての先生方が軽くて容易に扱えなくてはなりません。その為に、この刺股は、本格的な強度を持たせてながら、すべてアルミ合金で1.3kgの軽さに仕上げています。この軽量化によって、女性の先生方でも、楽に扱えるようになっています。

手の滑らないゴムグリップ
刺股(さすまた)のハンドル部分 ゴムグリップと鍔金具 刺股を持つ手が前に滑ってしまっては、暴漢に対して力を入れて押さえつける力が働きません。そこで、ゴムグリップによって、手の滑りを無くし、力のロスが起きないようにしています。刃物を持った暴漢に対して、持つ手が滑って近づいてしまうということは大変、危険なことです。暴漢との距離を保って立ち向かって頂けるように、ゴムグリップの先端部分に設けたストッパ金具により、刀の鍔のように、手が滑って自分の体がゴムグリップ部分より前に行かないようにしています。



催涙スプレーについての説明
催涙(さいるい)スプレー 催涙(さいるい)スプレーの噴射時の構え方 最近、多くの学校で設置されるようになってきました催涙スプレーも暴漢に対しては大変、大きな効果があります。一旦、このスプレーを浴びると、目が痛くて涙が出て、目を開けていられないくらいになります。それによって暴漢の活動を止めてしまうことが出来ます。刺股で立ち向かいながら、催涙スプレーを吹き付けるというものです。この催涙スプレーは、世界のトップメーカーメイスン社製で熊の撃退用にも使われている強力なものです。

約10メートルの噴射力催涙(さいるい)スプレーの噴射
実際に催涙スプレー噴射の瞬間を5秒間のビデオ映像でご覧頂けます。
この催涙スプレーは、飛距離、約10メートルの噴射力を持ち、遠く離れたところからでも、暴漢に対して吹き付けることが出来る為に、大変、安全で、しかも効果的です。催涙スプレーとしては、噴射時間、飛距離からも、このレベルの催涙スプレーをお勧めします。

犯人の逃走時の捜索用に衣服にオレンジ色の着色効果
しかも、暴漢に吹き付けられると、衣服にオレンジ色の粉末が付着しますので、逃走した犯人の逮捕にも効果的です。

催涙スプレーのインテリアケース
催涙スプレー(さいるい) ケースの設置 せっかくの催涙スプレーも刺股と同じように倉庫などにしまっていては、何の役にも立ちません。やはり、これも職員室や倉庫でなく、すぐに取り出して使える刺股の隣に設置されるべきものです。刺股と同じく、廊下のインテリアの一部となるように、すっきりと、壁面に収まるように考えました。

外見的に鍵によって開けられないというイメーシを作っています
催涙スプレー(さいるい) ケースの鍵(かぎ) 身近に設置すると言いましても、これも子供達が簡単に取り出せるようでは困りますので、この催涙スプレーケースにはナンバー鍵が取り付けてあります。 先生方共通の番号を決めて置くことで、鍵をいちいち持っていなくても番号を合わせるだけで、扉を開くことが出来ます。管理用として、催涙スプレーの存在確認、5年ごとの交換時にお使い頂きます。

鍵本体を手前に引っ張ることで、鍵の取付金具が割れて、扉が開きます
催涙スプレー(さいるい) ケースの緊急時の開け方 また、万が一の場合は、鍵を開けている余裕はありません。その時の用意として、鍵金具が割れて、扉を開くことが出来る構造にしてあります。
鍵本体をしっかりつかんで、力を入れて手前に引っ張ると、鍵の金具が割れて、扉が開き、催涙スプレーを取り出せるようになっています。

窓から有無を確認チェック
催涙スプレー(さいるい) ケースの内容確認まど いざという時に、箱の中に催涙スプレーが無くなってしまっていては、何の意味もありませんので、学校の防犯管理項目に入れて頂いて、定期的に確認チェックをすることが大事です。そこで、いちいち箱を開けなくても、外部から保管ケースの中の催涙スプレーが目視出来るように、このように確認用の窓を設けています。



吉田英子様が、ホームページを開かれましたのでご紹介します

保育所に通う子を持たれるお母さんが今、刺股の啓蒙活動に努力されています 大阪の主婦 吉田様のご紹介ページに
幼稚園への刺股の設置の啓蒙をされている吉田様のご紹介 池田小学校事件を目の当たりにされ、あの可愛い子供達を思うといたたまれず、二度とあのような事件を起こさせたくないという切なる思いから、自分に出来ることからまず、やって行こうと一人で活動を始められました。
過日、区内子育て支援施設にて、吉田様が講師として、テーマ「防犯意識の向上を願って」という題で説明をされました。
その内容をご紹介します。

わが町にしなり子育てネットページへ



さいたま市立 春岡小学校
全教室にPTAの方々によって、40本の刺股が設置されました
今年、春岡小学校PTA(中山欽哉会長)様では全教室と職員室にさすまたを設置されました。突然襲ってくる暴漢から、先生方にも自分の身を守って頂きながら子どもたちを守って欲しいとの保護者の思いからPTA予算に防犯対策費を新設され刺股を40本購入され、全教室にPTAの皆様の手によって設置されました。
教育委員会や行政から設置して頂くだけでなく、子供を持つ親としての使命として、いざとなれば、すぐに手にとって立ち向かえるように、出来るだけ多くの教室に刺股を配置されるべきです。本来、こうあるべきなのですが、まだまだ数本しか配置されていないのが現実ではないでしょうか。これをPTAの皆様の手で実現された春岡小学校PTA様の大切な取り組みをご紹介します。

春岡小学校PTA様の思い
3年前に大阪の小学校で、幼い児童を対象にした凶悪な事件が発生したことは皆様の記憶に新しいことと思います。年間4万件以上の侵入事件があり、弱いものをターゲットにした事件事故は後を絶たず、かえって多発する傾向にあるとも聞きます。
昨年度、近隣市で昼間刃物を持った暴漢が学校に侵入し、その時に「さすまた」が役に立ち、子どもたちを守ったという報道を目にしました。
いつ事件が起きても不思議ではない中で、警察官が到着するまで、大切な子どもたちと先生方が身の安全を守ってほしい・・・身を守る道具は無いよりあったほうが良いと思い購入を決意しました。
こんな物騒な道具は設置する必要がない事を望んでいますが、学校において誰が自分たちの子どもの安全を守ってくれるのでしょうか?

今までにテレビでご紹介された番組
平成16年4月10日のNHK教育テレビ「親と子のTVスクール
  (刺股を使った防犯訓練の様子を4分の映像でご覧頂けます

●平成16年9月22日にNHK{関西ほぉ〜」「子供達を守る」
 近年、学校での子どもを狙った犯罪が続いている。
 それに対応するために警備用具を取り入れる幼稚園、学校は少なくない。
 今回は多くの警備用具の中でも特に注目を集めている刺股にスポットを当てて、刺股の普及 活動をする人々の声と共に、現在の子どもの安全対策について紹介されました。
●平成17年2月24日のフジテレビ「スーパーニュース」来住小学校を紹介
●平成17年2月25日の日本テレビ系の「情報ツウ」で紹介。
●平成17年4月02日サンテレビで「こんにちは県警です」で来住小学校の取り組 みが紹介されました。

報道関係の皆様方には啓蒙にご協力頂きましたことを、厚くお礼申し上げます。



兵庫県小野市立来住小学校
兵庫県小野市立来住小学校

これ以上、悲惨な事件に巻き込ませたくないという思いで、学校の雰囲気を壊さずにしかも、いつ何時でも子供達や先生方の命を守る為の新しい試みとして、安全な学校作りへの思いを込めてお伝えさせて頂きました。今後、各学校で、このような事例を踏まえられまして、今、現在、多くの学校でも既に設置されている刺股や催涙スプレーを、より効果性の高いものとして頂きたく、あえて僭越では御座いますが、事例としてご紹介をさせて頂きました。


小野市立来住小学校の森本 孝校長先生、山本 義博教頭先生、並びに諸先生方、そのほか、関係の皆様に温かい、ご協力を頂きましたことを、厚くお礼を申し上げます。

また、このように、仕組みや形ではいくら出来ても、現実の形として姿に表し、また、入手出来る道がなくては、ただの案であって、決して、社会に役立つものではありません。これは来住小学校だけにとどまらず、広く全国の学校にも、是非、ご紹介すべきものではないかという思いから、来住小学校の先生方と親達の思いを製品として、形にして頂くために、刺股は、東京の実川製作所様に依頼をし、誠意を持って製品化し販売をして頂くことになりました。
また、催涙スプレーについては、大阪のセキュリティ商品商社であるリング様において、意をお酌み取り頂きまして、撮影協力を頂きました。
もし、すでに購入された刺股や催涙スプレーがお有りでしたら、このように改善をされて、子供達の近くに配されては如何でしょうか。
このように、大勢の方々のお力添えによって、刺股は「叉護杖」として製品化され、子供達や先生方の安全を形として世に表すことが出来ましたことを厚くお礼を申し上げます。

来住小学校 父兄有志 。


Counter